0503 石巻レポート2
車を6時間走らせて石巻には朝6時前に到着。
d0209273_9112291.jpg

石巻へは朝5時入り。前回見ることのなかった日和山(標高60m程度)からの眺めも見ることが出来ました。日和山は石原軍団が炊き出しを行った場所で、このエリアが一望できる観光名所。
中州に浮かんでるのが石ノ森漫画館。右手奥が湊小学校。津波の強さがよく分かります。

d0209273_22515340.jpg

日和山へ登ると既に葉桜。GWに帰省中の街の人達でしょうか。故郷を目に焼き付ける為に登って来た人がいました。

d0209273_3481455.jpg

二人の兄弟が長い間、変わり果てた姿になった街を眺めていました。そこにあったのは思い出の街であるはずなのに、目の前にあるのはガレキの山。声もかけられません。

d0209273_424324.jpg

7時には湊小学校へ帰ってきました。
避難所に住まれる被災者住民の人数は2週間前とほぼ変わっていませんでした。

d0209273_912516.jpg
僕らが3陣で来た時のシステムはさらに構築が進み、賞味期限毎に分類され、張り紙をするシステムに進化していました。聞くと住民さんからの提言で配食の量も日々調整しているそうです。

d0209273_9132191.jpg
横浜からいらっしゃったカーネーションを届けに来た時花屋さんのボランティアさん達。湊小学校のお母さん達に一束づつ渡して行かれました…

d0209273_913585.jpg
教室の外でポーズ。こんなマスクでごめんね。なんて言いながら。
素敵な笑顔です。

d0209273_915626.jpg
全国の小学校からも励ましのメッセージが届いています。鯉のぼりの可愛いウロコには皆さんへのメッセージが。皆で見える位置、体育館の壁に設置しました。

d0209273_9294225.jpg

いろんな形のボランティアがあります。今日は大人数のボランティアがゴスペルを歌い、住民さんたちと一緒にひまわりの種を植えて帰りました。ひまわり咲くと良いですね。
150人近くのボランティアが移動、設営するということで湊小学校側のスタッフとして協力しました。グラウンドも日々変わっていくので、安全にスペースを確保するには準備が必要です。

d0209273_9155528.jpg
一時間空いたので、被害の大きかった女川町まで車を走らせました。今回は3陣の横山君、橋本さんも一緒なんで、三人で一路東へ。地盤沈下の為に浸水がひどいエリアも進みます。

d0209273_9172726.jpg
入江の女川町を襲ったのは津波。そして凄まじい引潮。鉄筋コンクリートの建物はいくつかが引潮の力で基礎ごと転倒しています。

d0209273_9192024.jpg
建物の4階の上にまで車が載ったまま。
木造は姿形もありません。

d0209273_9201024.jpg
高台にある病院から基礎ごと転倒した鉄筋コンクリートを眺めます。

d0209273_9345472.jpg

ここにも何かのタンクが海辺に流れ着いたままでした。

d0209273_9363346.jpg

政治家の姿も。

d0209273_9212992.jpg
現地にはピースボート第6陣で期間を延長して二週間滞在中の田中さんの姿も。
拡声器姿がお似合いだったのでパチリ。

d0209273_9221838.jpg
今回のボランティアは作業をこなすというより、メンタルな部分が大きいと感じました。僕らが数日ですが再びもどった事に住民の方々が本当に喜んで頂けました。
お風呂上がりの娘たち。湯冷めしないうちに寝なさい。

前回はボランティア作業がメインでしたので厳禁にしていたお酒も今回は解禁し、避難されている中で皆さんを仕切られている石川さん、青沼さん達と飲んで話す機会も得る事が出来ました。一週間毎に交代するボランティアとはいえ、そこで培った絆は大切なものです。物的なサポートだけでなく、ここで出来た絆が石巻という街を作って行くと思う。そんな話を住民さん達と出来ることは一つの成果でした。
皆さんと話している時に住民の方から「自衛隊さん、ボランティアさん、支援物資を送ってくださった方、義捐金を送ってくださった方。皆に感謝の気持ちを送りたいんだけれど、どうすればその気持ちを表せるのかな?おらたちにはわかんね。けんちゃんなんかアイデアないか?」という話がありました。「明日、子供の日でヘリも飛ぶだろうから、屋上にメッセージとかどうですか?全国に流れますよ。SOSとかTHANKSでない、皆さんの言葉を考えましょうか。準備はしときますよ。」という感じに翌日のプロジェクトが始まりました。
by K_IHATOV | 2011-05-03 22:51 | 災害ボランティア
<< 0504 石巻レポート2 0503 アオバズク >>



イーハトーヴ尾道から尾道時間をお伝えします。
by K_IHATOV
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
This blog is managed by
園山春二 / イーハトーヴ尾道を創ったアーティスト。

K. / アーキテクト

マスター S / 梟の館のマスター

イナッチ/旅するデザイナー

オカちゃん/高知で修行中

YONEDAM/旅するプロデューサー

まっちー/旅する書道家 カレー大好き

※本ブログに掲載されている尾道イーハトーブの写真はスタッフの許可を得て撮影しています。


人気ブログランキングへ
カテゴリ
尾道
梟の館
SAKA Bar
尾道ハーブ園ブーケダルブル
猫の細道/招き猫美術館
尾道アート館
小庵
福石猫
里石猫
こげらの家
ねこ
尾道オススメ
旅猫時間
K Museum
その他
災害ボランティア

以前の記事
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
その他のジャンル
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧