0327 Ishinomaki 02
d0209273_911375.jpg
震災一年後に日和山より見た風景。建物のがれきはすべて撤去され、道路だけが色が変わって見えます。海際には分類されたがれきが出港をまっています。

d0209273_911466.jpg
臨海地帯の工場も再稼働していました。ただ、写真を撮影した所は、工場から物資を運ぶ線路の上なんですが、撤去されていました。

d0209273_911415.jpg
水産業、水産加工業、臨海工業は石巻の中心産業。応援しています!

d0209273_91156.jpg
魚町の手前にはこのような大きなタンクも残っていました。

d0209273_911531.jpg
看板だったらしいのですが、モニュメントとして元の工場敷地内に移設する計画があるそうです。

d0209273_911542.jpg
南三陸町にも行ってきました。想像していたより平地が多く、そして被害が大きい町でした。

d0209273_911652.jpg
気仙沼にある復興集会場。建築家が竹とカーテン素材で作った現地の為の集会場です。とても建築の力を感じる作品でした。建設の大半は学生が行ったそうです。

d0209273_911665.jpg
4年間という期限付きです。気仙沼にお越しの際はぜひお立ち寄りください。

d0209273_911688.jpg
復興に向けて着実に動き出している場所も見てきました。上の写真は被害が大きかった魚町の荷捌き所の仮設建築。水産業、水産加工業の為には漁港の復興が一番重要で、トラス構造と幕構造で大空間を2カ月で建設。操業が開始されていました。すばらしい。

d0209273_911767.jpg
石巻にある河川脇の土手に埋まった某有名建築。津波は手前で止まった為、津波自体による被害はないものの、今後の水際空間に設計される建築の形は変わっていくかもしれません。

他に大川小学校も見てきました。裏手にある斜面を登れば助かったという報道を聞いていましたが。。。とても登れるような傾斜ではないと感じました。傾斜地に階段でもあれば。。。と後からはいくらでも言うことが出来るんですよね。企画設計、基本設計、実施設計。いろんなケースを考えることが建築設計です。ただ、河口から4kmの川を津波が逆流してくることなんてだれも想像出来ないのではないでしょうか。廃墟となってしまった建物の躯体をみても美しい学校だったことが想像出来ます。僕がこれから設計をする際、必ず思い出すと思います。
by k_ihatov | 2012-03-27 09:27 | 災害ボランティア
<< 0328 猫の細道のアイドルく... 0326 Ishinomaki01 >>



イーハトーヴ尾道から尾道時間をお伝えします。
by K_IHATOV
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
This blog is managed by
園山春二 / イーハトーヴ尾道を創ったアーティスト。

K. / アーキテクト

マスター S / 梟の館のマスター

イナッチ/旅するデザイナー

オカちゃん/高知で修行中

YONEDAM/旅するプロデューサー

まっちー/旅する書道家 カレー大好き

※本ブログに掲載されている尾道イーハトーブの写真はスタッフの許可を得て撮影しています。


人気ブログランキングへ
カテゴリ
尾道
梟の館
SAKA Bar
尾道ハーブ園ブーケダルブル
猫の細道/招き猫美術館
尾道アート館
小庵
福石猫
里石猫
こげらの家
ねこ
尾道オススメ
旅猫時間
K Museum
その他
災害ボランティア

以前の記事
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
その他のジャンル
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧