2011年 04月 12日 ( 1 )
石巻レポート4/12 (5日目)
4/12の作業。
①食料庫の整理②配食の再構成③備蓄の確保④要望リスト⑤システム化

①食料庫の整理
災害直後は一階が水没していた為、物資の管理は二階にあり、現在は荷下ろしの関係から一階にあります。食料を整理する余裕が今までありませんでしたが、今回整理に着手しました。支援物資についての感想。水は保存期間が長く、500ml等小分けのものが便利。それ以外は分配に手間がかかります。(今回は原子力発電所関連で手に入りにくいという二次要素があったので仕方ないですが。)食料品も消費期限を箱に大きく書いてくださる方がいて大変助かりました。

②配食の再構成
1000人近くの食料が必要ですが、今までは支援物資食料が届かない日もある状況でした。そこで生まれたルールは食料を一日取り置くというルール。二日前に届いた食料を出す事で、食料が届かない日も、配食がゼロにさせない方法でした。しかし、この方法では消費期限が超えたものしか提供出来ないという欠点も抱えています。そこで、カップラーメンを1000人分備蓄し、担保する事で、食料取り置きのルールを廃止しました。これにより、これまでより一日早く配食が可能になりました。

③備蓄の確保
昨夜の余震を受け、再度この地が水没する危険性について向き合う事を提案しました。具体的には今ある支援物資の中から保存期間の長い物を800人が三日分食いつなげる量選定し、二階の倉庫に移動しました。若者が少なくなってから久しぶりの住民による人間リレーを構成し、大量物資の移動、備蓄を完成しました。

④要望リスト
支援物資の整理、管理が出来ていない事。需要と供給のバランス、把握が出来ていない事から住民にアンケートを配布し、一日で回収、整理を行いました。結果、明日からの作業が少し効果的な物になりました。

⑤作業のシステム化とノウハウ化
施設側に若者がいないこと、ボランティアは主でなく、従であり、いつかは出て行く者である事は先日話しました。そこで、ボランティアが培ったノウハウを簡単に引き継げるシステムの構築と、引き継ぎノートの作成を作り始めました。あと残り3日。住民の皆さんが自立出来るよう、頑張りたいと思います。


d0209273_1334415.jpg

チーム神戸というボランティアの金田ますみさんという方がここの中心を担っていらっしゃいます。ボランティア経験が豊富であり、なんでも相談できる素晴らしい方です。イメージは天空の城ラピュタに出てくる女海賊のドーラさん、な感じ(笑)彼女のノートパソコンを借り、NHKの方が、購入しに行ってくれたプリンターで、ミニオフィスの完成。机は小学校の椅子です。リストを作成しています。

d0209273_139883.jpg

ジェネ車と我々が呼んでいる発電機車を災害直後から持ち込み、一人で電力を支え続けた佐々木さんが本日で最後。横浜に帰られます。本当に縁の下の力持ち的な方で、皆さん感謝で泣いていました。

d0209273_1414341.jpg

炊き出し準備風景です。住民の方にも手伝って頂いていますが、中心はヒューマニティーファーストのパキスタン人の方達。大変礼儀正しい方達で、皆さんに慕われていました。

d0209273_1534365.jpg

同じく炊き出し。この大鍋で500人分のカレーを作っています。ご飯は自衛隊の方が担当されています。二日前に起こった事件なんですが、善意で遠方より車で駆けつけ、某炊き出しをされた方達がいらっしゃいました。サプライズの料理に住民は大喜び。住民もそのボランティアも大満足で帰られました。問題は炊き出しの連絡を施設側に入れていなかった事です。施設側はいつもと変わりばえしないかもしれませんが、炊き出しを準備していました。しかし、サプライズ炊き出しに弾かれ、ほとんど余ってしまいました。その料理の行き先は書きたくありませんし、書いてはいけない気がします。その方々の非難は出来ません。善意でされた事です。しかしながら、ボランティアは充分にその行為が及ぼすであろう周りへの影響をイメージして行動する必要がある、そう痛感した炊き出し事件でした。

d0209273_241831.jpg

チーム神戸の方々です。小学校の外にテントを張り、住民の寝た後も作業をされてます。ハイレベルの支援活動をするのですが、皆さん陽気!(この時既に0時過ぎ。我々も彼らも飲酒は全くしません。なのにハイテンション。)この時も笑いながら、パソコンと、ipadを使って支援物資をアマゾン経由で募るシステムを構築しつつ、ボケと突っ込みが飛び交っていました。本当のプロフェッショナルです。さて、明日は我々が食料、物資の施設内システム構築を一日で完成させる予定。朝から今まで以上にフル稼働な日になります。さー寝ます。

町で出るゴミの回収システムがまだ復旧してません。生ゴミをどうするか?コンポストによるゴミの減量が可能なのではないか?という議論がますみさん達となされました。コンポストを推進している団体等にコンポストセットを支援してくれないかという事を頼みたいので、ご存知の方がいましたら、コメントか、メールを下さい。kumi,kay,akito、特に頼みます。

ボランティア終了後、日付毎に編集しました。以下はコメントです。

Commented by akito at 2011-04-13 12:28 x
支援活動お疲れさまです。
避難されている皆様には心よりお見舞い申し上げます。

さてコンポストの件、推進団体には残念ながら心当たりがないのですが、緊急ということで、そちらの物資で使えそうなものはないですかね?
支援物資の入っていたダンボールが余っているようでしたら、ダンボールコンポストが可能かなと思ったんですが。
土と容器と覆いができるものがあれば、簡易的に作れると思います。虫がわきそうなのがちょっと心配ですが。網戸を分解したりして作れればいいんですけど・・・。そちらの詳しい状況が分からないので、無茶な提案だったらすみません。
推進団体は調べてまた連絡するよ。


Commented by kay at 2011-04-13 15:46 x
akitoがメールしてた段ボール利用コンポストの解説リンクです。
http://115.146.47.131/ecschool/compost/compost.html
ピートその他の入手先についてはちょっと当ってみます。

Commented by k_ihatov at 2011-04-14 22:06 x
AKITO kayzサンキュー。肥料協会へ連絡を取り、バックアップしてもらう確約を得ました。詳しくはブログで。
by k_ihatov | 2011-04-12 23:00 | 災害ボランティア



イーハトーヴ尾道から尾道時間をお伝えします。
by K_IHATOV
This blog is managed by
園山春二 / イーハトーヴ尾道を創ったアーティスト。

K. / アーキテクト

マスター S / 梟の館のマスター

イナッチ/旅するデザイナー

オカちゃん/高知で修行中

YONEDAM/旅するプロデューサー

まっちー/旅する書道家 カレー大好き

※本ブログに掲載されている尾道イーハトーブの写真はスタッフの許可を得て撮影しています。


人気ブログランキングへ
カテゴリ
尾道
梟の館
SAKA Bar
尾道ハーブ園ブーケダルブル
猫の細道/招き猫美術館
尾道アート館
小庵
福石猫
里石猫
こげらの家
ねこ
尾道オススメ
旅猫時間
K Museum
その他
災害ボランティア

以前の記事
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
その他のジャンル
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧