カテゴリ:尾道( 127 )
0904 デジタルイーハトーヴ3
d0209273_13192721.jpg
デジタル測量が続いています。計算機のような機器の説明をしてもらいましたが、K.には良くワカラナイ!

d0209273_13213710.jpg
梟の館の下、猫の細道がクランクしている所が一番の難所でした!地面に基準となるものが無く、平らな面積が少ないのです。

d0209273_13223588.jpg
仕方なく、道路わきの段のエッジを基準にすることにしました。三脚の3つの足の長さがすべて違うことが不安定な場所であることを示しています。

d0209273_1324755.jpg
今回は距離と高低差だけの測量なので猫の細道は一気に下まで測ることが出来ました。

d0209273_1325314.jpg
SAKABarの前まで来ました。梟の館からSAKABarまでがIhatov尾道内で特に入り組んでいる場所なので、この館はで完全にデジタルスキャンしたいですね~。

d0209273_13291295.jpg
招き猫美術館までやってきました。
中川先生「艮神社とか境内のクスノキもスキャニングしたいなぁ~」

d0209273_13301845.jpg
この時点で梟の館から招き猫美術館までが100m、高低差30mという結果が出ました。 ひえ~!登るのきついな~と思ってたら30mの高低差!

もう少しでロープウェイ乗り場です。
by K_IHATOV | 2012-09-04 13:32 | 尾道
0903 デジタルイーハトーヴ2
d0209273_8483048.jpg
中川先生によるデジタル測量機のセッティングが始まります。オレンジ色の三脚のような部分の上にレーザー測量機である精密機器部分をセッティングします。

d0209273_852317.jpg
機器の真下には基準点となる部分(道路に打ってある鋲であったり、桝の端っこだったり)の真上にくるように平面位置の調整を行います。

d0209273_8534199.jpg
で、機器の水平を調整するためにねじ部分を若干回し、正確な位置ににレーザーのカメラを持ってくる。。。。多分こんな感じ。

d0209273_855371.jpg
セッティングから測量まで、約8分程。暑い夏の日差しの中、本当にありがとうございます!

d0209273_8562447.jpg
猫の細道はほとんど水平部分が無い坂道なので三脚の位置を確定するのが一苦労だそうです。車が買えちゃうくらいの精密機器なのであまり不安定な部分には載せられないしね。

d0209273_857506.jpg
梟の館からいよいよ測量が始まります。今回の目標は梟の館からロープウェイまでの大体の距離と高低差を測るのです!

d0209273_859060.jpg
レーザー測量といえども、見えないところまでは測れません。直線の繰り返しでつないでいく作業になるので、下まで何時間かかるのか?

d0209273_905996.jpg
測量としては厄介な敷地での作業が始まります。
by K_IHATOV | 2012-09-03 09:02 | 尾道
0831 デジタルイーハトーヴ1
d0209273_9131492.jpg
とある暑い夏の日、なんだか精密そうで高そうな機械がIhatovに持ち込まれました。

d0209273_9152359.jpg
花火大会で鉄板焼きをしてくれた中川先生がはるばる東京から持ってきてくれたデジタル測量機なんです。

d0209273_9173367.jpg
中川先生は大学の准教授。ジオインフォマティクスという最先端の測量技術を研究している先生。

d0209273_9232218.jpg
関西の大学から二人の学生さんが実習がてらサポートに来てくれました。

d0209273_9243562.jpg
IHATOVは車が通れない細い坂道ばかりなんですが、道路台帳にも細かい測量情報がないので敷地や道路の測量情報が欲しいと以前から思っていました。

d0209273_9272020.jpg
中川先生は3Dレーザースキャンで空間をまるごとスキャンする技術の研究を行っており、尾道IHATOVの話をした所、研究対象として大変面白い!となったわけです。

d0209273_9292336.jpg
このように階段で入り組んだ猫の細道等では従来の測量が難しいらしいので、3Dレーザースキャンの特徴が活かせること、道路周辺の建物がIHATOV関係の施設であること等も関係し、さまざまな切り口で研究対象となるとか。

d0209273_9312220.jpg
今回は本格的な3Dレーザースキャンの前に大体のスキャン範囲を図ることが目的。そのために持ってきたのが冒頭のデジタル測量機だったわけです。

つづく。
by K_IHATOV | 2012-08-31 09:34 | 尾道
0822 花火3
d0209273_8553148.jpg
花火も終盤に近づき、大きめの花火が上がってきました。

d0209273_902246.jpg
何て名前の花火なのかな。色味の少ないこの消えてゆくような花火がとても好きなんです。

d0209273_922813.jpg
自分の中ではこれが尾道の花火。打ち上げの曳舟の上にいる花火職人さん達の腕の高さが伺えます。発火する位置が低いということは素人目にも高い技術が必要なはずです。

d0209273_955868.jpg
そして美海の中ではこの夏一番のイベント!そうめん流しが始まりました。

d0209273_98257.jpg
ツイッターでそれとなく園山先生にお願いして作ってもらったそうめん流し(笑) 当初小庵からブーケまでの落差を利用していたルートは変更され、シンプルなものに。

d0209273_9102362.jpg
K.自身も人生で2回目のそうめん流し。しかも花火を見ながら夜にやるなんて粋じゃないですか?

d0209273_9114554.jpg
ツイッターで芙蓉さん(ツイッターお友達)お薦めのゆで卵を流す案は採用出来ませんでした。キャッチ出来なかったら朝まで見つからないから(笑)

d0209273_9134934.jpg
もちろんそうめんを流してくれるのは園山先生。「ホストが流すのがルールなんだ!」って、先生これはそうめん流しですよ~チーズフォンデュじゃないんですよ~

d0209273_9145559.jpg
最後は特に大きく儚い花火でした。
来年もこの花火が見れますように。
by K_IHATOV | 2012-08-22 07:00 | 尾道
0821 花火2
d0209273_13124336.jpg
陽が沈み、蝉の声が静かになったな…と思った夕暮れ時、静かに花火が始まりました。

d0209273_13133047.jpg
園山先生も打ち上げに合わせシャンパンをあけます。宴の始まり。

d0209273_13142064.jpg
去年の絵本館からの景色も最高でしたが、小庵からの眺めも最高。

d0209273_13145921.jpg
ロイヤルホテルの上を綺麗な花火が上がります。

d0209273_13155157.jpg
小庵には梟の館マスター忍さんの息子さんが遊びに来ました。最年少でぷにょぷにょホッペなのでみんなに可愛がられています。

d0209273_13172247.jpg
「美海はたたみで見るのが好きだなぁ~」と大人びたセリフを言いながら、出来たばかりの先生の野点席で花火独占(笑)

d0209273_13193598.jpg
小庵の中からは花火を眺めたり、外でてっぱんで料理を作ってくれている夜船君と中川先生にオーダーを出したり。

d0209273_13205066.jpg
夜船君をサポートで、てっぱん焼きをしてくれた中川先生。「やっぱり焼くのって面白いよね」と進んで焼き作業に回ってくれました。中川先生とK.が尾道でやっている新しくて楽しいことはまた後日。

d0209273_13245131.jpg
で、K.と忍さんはチャッカリ外のバーでウィスキー、バーボン、日本酒と味見して行くのです。

d0209273_13254437.jpg
そんな素敵な夜が続いていきます。

※ ブログ管理人の文を少し変えました。ふふふ。管理人が増えるのです!
by K_IHATOV | 2012-08-21 07:00 | 尾道
0820 千光寺3 ロッククライマー美海
d0209273_13283333.jpg
鎖岩をどんどん登っていく美海さん。K.はカメラでそれを撮りつつも、高所恐怖症なので下を向けない(笑)

d0209273_13284199.jpg
「手離すなよ離すなよ~」「大丈夫だって~」

d0209273_13284859.jpg
上に登りきるまでこんな感じの平場があるのですが。。。

d0209273_13291165.jpg
直ぐ登る!もう、登り方とか聞きもしないでどんどん登っています。

d0209273_1329189.jpg
なんだろう。我が子とは思えない手際良さで登る姿はクライマーです。こんな写真みたらおじいちゃん喜んじゃうよ。

d0209273_1329726.jpg
って、写真を撮っている間にあっという間に上についたようで。

d0209273_13291627.jpg
この笑顔!この千光寺のブログはクミさんには見せられないな。

d0209273_13292072.jpg
皆さんも千光寺にお越しの際はトライしてみてください♪
by K_IHATOV | 2012-08-20 09:07 | 尾道
0816 千光寺2
d0209273_13132212.jpg
おみくじの後は海側に回って鐘つき堂の方へ。

d0209273_13134852.jpg
夕方に尾道に響き渡る鐘の一つはここで突かれています。

d0209273_13135454.jpg
ここから見る尾道も綺麗だな~

d0209273_131412.jpg
美海「これ、突きたい」
K.「だめだよ。」
美海「ねぇ。一回だけだから~」
K.「だめだよ。みんなびっくりするよ~」

でもいたずら小僧が本当に突いちゃったりして皆がびっくりするようなことってありそうな気がします。昔いたずらで突かれたとか知ってる方いらっしゃったら教えてください。

d0209273_1314893.jpg
写真撮って~。はいはい、いつか彼氏と来なさいね。

d0209273_13141561.jpg
千光寺の裏には三重岩という大きな岩があります。

d0209273_13142449.jpg
そういや、ここは上ったことないなぁ~と奥へと上がってみました。

d0209273_13143017.jpg
尾道にいくつかある鎖修行の場所です。千光寺にもあったんだ~。

d0209273_13143976.jpg
美海「これ、上る!」
K.「駄目だよ。危ないよ。パパは高所恐怖症だから美海もきっと駄目だよ」
美海「でもじいじとばあばは岩登りやってたって。」
K.「いや、そうだけどさ、あの二人はアクティブ過ぎるんだって。けがしたら大変だよ。ほらほら、ここに「子供だけでは登ってはいけません大人と一緒に上って下さい」って書いてあるよ。」
美海「じゃあ、パパも登ればいいんでしょ?」
K.「だーかーらー。パパは高所恐怖症!」

d0209273_13142999.jpg
美海「上る!」
ひー。誰に似たんだこの性格。。。
by K_IHATOV | 2012-08-16 13:28 | 尾道
0815 文学のこみち
d0209273_1395189.jpg
ロープウェイの展望台でパフェを食べたら、今度は下り!「文学のこみち」を下りて行きます。景色が綺麗なんですよ。

d0209273_13104762.jpg
「走るなー☆」
なんで子供って走るのが好きなんですかね。下り道で怖いからやめて。。。

d0209273_13113110.jpg
ルートとしてはロープウェイコースの下が文学のこみち。尾道に関係ある25の句碑が点在しています。

d0209273_13145074.jpg
林の間からみえる尾道の景色が綺麗です。

d0209273_13152872.jpg
ロープウェイが通過する瞬間を撮りたい!と思いましたが、美海がどんどん下に下りていくのであきらめました!

d0209273_13161472.jpg
すると千光寺の裏手に出るんですよ。

d0209273_13164852.jpg
巨大な岩を覆い隠すコケの緑が綺麗でした。
景色を眺めていると「パパー。これなあに~」

d0209273_13174162.jpg
K.「それはおみくじだね。。。大人になったらやると良いよ。。。って言ってるそばからとっちゃうし。」

d0209273_13194384.jpg
K・「(実は中吉とかいてましたが)大吉だね!一等賞だね☆」
美海「パパ。違うよ。これは中という字で真ん中っていう意味だよ。ウソついたら駄目だよ」
漢字が読めるようになったのでもうだませないようです。

d0209273_13214829.jpg
おみくじを結んで、さあ千光寺へ。
by K_IHATOV | 2012-08-15 13:23 | 尾道
0814 グリル展望  (千光寺展望台レストラン)
d0209273_943657.jpg

千光寺のロープウェイに上ったら、そのまま展望台へ!

d0209273_951882.jpg

でも途中のアイスクリームの看板に惹かれて。。。

d0209273_964643.jpg

展望台レストランへ!入った時間が早すぎて貸切状態です!

d0209273_971617.jpg

どうですか?この風景?この翌日は花火大会。ここからも見れるのかなぁ?

d0209273_995745.jpg

クーラーも効いているこの贅沢な景色を眺めながら食べるのはもちろん。。。

d0209273_9104588.jpg

パフェ!(笑) 良い顔するね。君は。。。

d0209273_9112080.jpg

K.としてはキャンティレバーの構造が綺麗な屋根形状を眺めていました。
あ~。撮ってないけど、もちろんビール飲みながら♪

d0209273_91232100.jpg

オンタイムで福石猫のバス君にツイッターで教えてもらったのが
「ここの尾道丼がおいしい」ということ。今度食べてみようと思います。

d0209273_9133632.jpg

汗もひいたのでそのまま3階にあがり、展望台へ。

d0209273_9141461.jpg

絶景です!これぞ、尾道!って感じ。

d0209273_914406.jpg

レトロなレストランで、とても居心地の良いお店でした!


グリル展望

住所 広島県尾道市東土堂町20-2 千光寺公園展望台内
電話 0848-23-9801
営業時間 9:00~17:00
       日曜営業
定休日   不定休
ホームページ
by K_IHATOV | 2012-08-14 09:20 | 尾道
0813 住吉の花火1
d0209273_13135574.jpg
7月28日の尾道は住吉花火の日。
イーハトーヴには園山先生が作られた野点の茶室がお披露目されました。

d0209273_1316841.jpg
尾道水道を眺めることが出来るちいさなお茶席は中に浮かんでいるようです。
こちらで花火を待ちながらお茶を頂きます。

d0209273_1317423.jpg
数年前までは花火の日もお客さんを入れていたのですが。。。尾道が好きでここに集まったイーハトーヴ関係者。この日だけは自分たちが楽しみたいということでお店は開いていません。K.と美海も特別な会にお招きにあずかりました。

d0209273_1318528.jpg
そして美海のリクエストのそうめん流しセットが!
事前にツイッターで先生にお願いしていたものでした。完璧に出来てる(笑)

d0209273_13191191.jpg
去年も参加の美海。まだまだおねえさんな感じでありません。

d0209273_13193935.jpg
野点の席が始まりました。お茶をたてるのはミーシャさん?魔女が着物を着ております。

d0209273_13201646.jpg
屋根はないのですが、にじり口だけが真っ赤な鉄のフレームで作られていました。粋ですね!

d0209273_1321227.jpg
だんだん陽が落ちてきました。ロープウェイは千光寺公園で花火を見ようと上がっていく人で一杯!

d0209273_13221924.jpg
アカネちゃんみたいに大きな可愛い帯にする!とアカネちゃんにしめなおしてもらう美海。お手数をおかけしました。

d0209273_13232363.jpg
縁側、蝉の声、蚊取り線香に団扇。。。日本の夏です。

d0209273_1324989.jpg
蝉の声が静かになっていく中、お茶会は進みます。

d0209273_1326876.jpg
そして夜の帳がおりました。
by K_IHATOV | 2012-08-13 13:28 | 尾道



イーハトーヴ尾道から尾道時間をお伝えします。
by K_IHATOV
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
This blog is managed by
園山春二 / イーハトーヴ尾道を創ったアーティスト。

K. / アーキテクト

マスター S / 梟の館のマスター

イナッチ/旅するデザイナー

オカちゃん/高知で修行中

YONEDAM/旅するプロデューサー

まっちー/旅する書道家 カレー大好き

※本ブログに掲載されている尾道イーハトーブの写真はスタッフの許可を得て撮影しています。


人気ブログランキングへ
カテゴリ
尾道
梟の館
SAKA Bar
尾道ハーブ園ブーケダルブル
猫の細道/招き猫美術館
尾道アート館
小庵
福石猫
里石猫
こげらの家
ねこ
尾道オススメ
旅猫時間
K Museum
その他
災害ボランティア

以前の記事
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
その他のジャンル
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧