カテゴリ:梟の館( 31 )
0425 観桜夜会
K.です。

ボランティアで東北へ行っていたので、尾道の満開の桜を見逃していました。
せめて写真だけでも と忍さんに聞いたところ
「観桜夜会の時に撮ったものなら」と言って写真を提供していただきました。
d0209273_16562170.jpg

「観桜夜会?」初耳でした。

夜は満月の夜と大晦日のカウントダウンの時しか開いていないと聞いていたので。

何でも桜の見頃の金土日の3日間、梟の館の前の桜の木をライトアップして
開館したそうです。今年で2回目だとか。
d0209273_16581293.jpg

月見で一杯。花見で一杯。
日本の良い夜の過ごし方ですね。

この日初めてのお客様は・・・
d0209273_16593831.jpg

ブーケ・ダルブルのミーシャさんでした。
by k_ihatov | 2011-04-25 09:00 | 梟の館
清見オレンジジュース
ボランティアを終え、尾道へ帰ってきました。
帰ってきて一番最初に飲みたかったのが例の物!

梟の館の忍さんに「絶対おいしいから飲みに来て」と言われていて
やっとお目にかかることができました、清見オレンジ。
d0209273_13225022.jpg

尾道 瀬戸田にある農園さんから毎年仕入れているという無農薬で育った清見。
農園に行ったことがある忍さんによると、木と木の間は当然のこと、果実1個あたりの日照時間
葉の枚数まで計算されて作られているそう。
「今年の出来はどうですか?」と聞くと
「いつもうまいよ」と返ってくるくらいの自信作。
d0209273_13231929.jpg

その清見オレンジを注文が入ってから搾るので、ほんとにフレッシュ!
濃厚な甘味とほのかな酸味を感じるジュース。
やっぱり地のものはそこでいただくのが何よりおいしいと思います。

それにこのジュース・・・氷まで清見オレンジ!!
溶けてもうすまらない様に・・・うれしいです。

「いつまであるんですか?」と聞くと
「今年は裏年で数が少ないって農園の方が言われてたから、GWまでかなぁ・・・」と忍さん。


あと同じ農園で育ったレモンを使ったレモンスカッシュもあるので、次回はそれで。
by k_ihatov | 2011-04-19 10:00 | 梟の館
0406 梟
梟の館には、梟のコレクションが1500体ほど展示してあるのですが、
景色や建物に馴染んでしまっているため、気付かず素通りしてしまいそう。

今日はじっくり見てみたいと思います。
d0209273_5332596.jpg

これはプロムナードの枝に覆われた梟。
満月の夜には灯りがともり、お客様をお迎えします。
d0209273_5333998.jpg

石の梟。尾道の街中にも同じテイストのものが置いてあります。絵師の園山春二さん作です。
全てここから街中に放たれて、観光案内をしてくれているそうです。
d0209273_5335469.jpg

梟ののれん。のれんの隙間からのぞく風景がまたいいんですよね。
よく一元さんがチラ見している姿を見かけます(笑)
d0209273_53477.jpg

鋳物の灯篭。これもまた満月の夜にはロウソクの火が灯り、道を照らします。
あ、フクロウがのぞけてますね(笑)
d0209273_5342267.jpg

梟の館のコレクションは、値段・価値にかかわらず、皆同じように手に触れられるところに
展示してあります。100円ショップのものから車が買える金額のものまで・・・
ここに来られる皆様が、平等な目でコレクションを見られるようにという思いからそうされて
いるそうです。

このフクロウたちは・・・
by k_ihatov | 2011-04-06 10:00 | 梟の館
0306 樽ワイン
k.です。
春の気持ち良い休日は梟で昼からワインを飲んでもいいよね。
d0209273_5494593.jpg

さりげなく置かれたワイン樽。
ボジョレーパーティーのもので、サインが入ってます。

d0209273_550213.jpg

やはり樽から飲みたいな〜
by k_ihatov | 2011-03-06 10:00 | 梟の館
0209 梟の小路
d0209273_4562965.jpg

K.です。
梟の門から梟の館の玄関までの10m程の細い道が梟の小路といいます。
梟の館らしく、色んな梟の小物が小路沿いに隠れていて楽しめます。

d0209273_4565877.jpg


しのぶさん「梟の門から玄関まで続く細い道ですが、お客様のいろいろな様子がうかがえます。初めての方は、やはり入りにくいのでしょう、ゆっくりゆっくり進まれます。中には、途中の看板「躾のできていないお客様の御入館はお断りいたします」を読まれて引き返されたり、玄関の前まで来たけど、開ける勇気?がなくあきらめられたり・・・自分もはじめてこの館に足を踏み入れた時にも感じましたけどね(笑)入られた皆様、ほとんどの方がゆっくりと静かな時間を楽しまれていかれるような気がします。」

人気ブログランキングへ
by k_ihatov | 2011-02-09 10:00 | 梟の館
0206 アンティーク家具 梟の館
K.です。
梟の館のアンティーク家具が好きなんですよ。
d0209273_521796.jpg

お気に入りの窓際の椅子です。特に手摺の曲線が綺麗なんですよね。

d0209273_52382.jpg

しのぶさん「これは戦前のイギリスのパブで使っていた椅子なんですよ。」

d0209273_525590.jpg

八角形のテーブルは天板の模様が素敵ですね。

d0209273_531256.jpg

しのぶさん「イタリアのテーブル。実はこの中に「ゲーム台」が隠されていて、「トランプボード」「チェスボード」「バッグギャモン」「ルーレット」があり、梟の館でのパーティーの際に登場することがあります。」
K.「え、そうなんですか?」
S「ほら。」
K.「わ。ホントだ。」

d0209273_532783.jpg

イタリア製のバーカウンターです。テーブルトップが取り換え可能で、今は大理石のテーブルになっています。この細い坂道、大人五人でここまで運ばれたらしいですよ。

d0209273_54728.jpg

これはイタリア製のテーブルです。本来はサイドテーブルで、2人用のテーブルに使っていますが、ひとりでゆったり使っていただきたいですね。

d0209273_543158.jpg

これはイタリア製のライティングテーブルです。


d0209273_545046.jpg

窓際のこの3席が一番のお気に入りです。

しのぶさん「元は教会の椅子なんですよ。背もたれ部分に聖書を入れるポケットがあります。お店では冬場はブランケット入れとして使っています。」
by k_ihatov | 2011-02-06 14:00 | 梟の館
0201 梟公園
d0209273_5584568.jpg

K.です。
今日は現在整備中の梟公園に特別に入れてもらいました。

d0209273_559726.jpg

しのぶさん「梟公園とは尾道イーハトーヴの「空き地再生」活動の一環で行っている活動なんですよ。尾道のこの山の手は空き家が増えているのと同時に空き地も増えていて、そこが雑草などで覆われるようになり、ゴミを捨てる人が後をたたないので、整備することしたんですよ。ゴミを捨てられることもなくなるし、土地を活用させることが出来ますよね。」

d0209273_5592447.jpg

造成後のイメージは「イングリッシュガーデン」薔薇がメインでプロムナードには石の梟たちが道案内をし、庭園内に「キヨスク」をつくること・・・

d0209273_5594251.jpg



d0209273_601741.jpg



d0209273_5595928.jpg

すっかり体が冷えたので梟の館でコーヒータイム。
by k_ihatov | 2011-02-01 11:00 | 梟の館
0122 梟の館
d0209273_2591262.jpg

尾道の絶景を眺められるように、建物はこのような崖地に建っています。
僕もそうでしたが、最初見た時は立地条件に驚きました。
今は時期的に枯れていますが、夏は蔦で覆われてしまいます。

しのぶさん「みなさん初めての方は、たいてい見上げますね。時間帯によっては光の反射で中の様子がうかがえないので、中に人がいるのがわかると、びっくりするようです。蔦のないこの時期だけ軒下に福石猫や猫の置物があらわれます。1匹は本物そっくりで、観光客のかたがよく指さして「猫がいる!」って言ってます。あと、入ろうと入口を探している人もよく見かけますね。」

d0209273_2593891.jpg

梟の館はもともと民家だったので門をくぐってのアプローチになります。
しのぶさん、元の建物はどんな方の邸宅だったんですか。

しのぶさん「尾道のある商売をされている方の別邸として建てられたそうで、何やらこちらには「2号さん」が住まわれていたとか。毎月ここで京都からお茶の先生を呼んでお茶会を開いていたそうです。今でも毎月、観月夜会(=満月の夜)を開いているので、何か縁を感じますね。」

d0209273_301196.jpg

玄関をくぐると心地よい空間が待っています。
まさに「隠れ家」ですね。

しのぶさん「お客さんがいない時はまさに独り占めの時間です(笑)この時期、すべての窓際の席からは尾道水道が眺められます。目の前には大きな樹があるのですが、この時期だけ葉っぱが全て落ちているからなんですよ。」

人気ブログランキングへ
by k_ihatov | 2011-01-22 10:00 | 梟の館
0114 ほっとみかん
d0209273_3193841.jpg

今日は梟の館で「ほっとみかん」を頂きました。
ホットレモネードでなくほっとみかんは珍しいと思います。
このメニューのことは知っていたのですが、女性のお客さんが頼まれることが多いんですよね。なんとなく恥ずかしくて他のお客さんが居る時は頼みにくくて(笑)
今日は他のお客がまだ来ていなかったようなので、オーダーしてみました。

d0209273_320088.jpg

みかんの甘味とほのかな酸味が口の中に広がります。
想像以上のおいしさでした。
今度からは女性客がいても飲むことにします。

d0209273_3202082.jpg

「K.さんいつもコーヒーなのにめずらしいね。」というしのぶさんに訳を話すと笑われてしまいました。
K.「やっぱり地元のみかんなんですか?」
しのぶさん「穏やかな瀬戸内海に浮かぶ大三島のみかんを使ってますよ。行ってみたこともあるけど、太陽の光を一杯に浴びたおいしそうなみかんでしょ? 3月からは清見オレンジを使った生搾りのジュースを出す予定だから飲んでみてよ。」
必ず飲みに来ます。しのぶさん!

人気ブログランキングへ
by k_ihatov | 2011-01-14 10:00 | 梟の館
0108 満月の夜
d0209273_3424313.jpg

梟の館は、満月の夜だけ予約制のワインバーになります。

d0209273_1301572.jpg

満月の日限定なので、月によっては平日ってこともあるんだけど、この夜だけは残業は断ります。「今夜は満月ですから」って言って。(笑)

d0209273_1303062.jpg

アンティークな照明がさりげなく置かれています。
アーティストがフランスで購入したものだとか。雰囲気ありますね。

d0209273_1361024.jpg

浮かび上がる梟が怪しげな雰囲気を醸し出しています。

d0209273_1304429.jpg

ここから見る満月は立地上、横から見えることになります。
不思議な雰囲気の中でワインを頂きます。

人気ブログランキングへ
by k_ihatov | 2011-01-08 10:00 | 梟の館



イーハトーヴ尾道から尾道時間をお伝えします。
by K_IHATOV
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
This blog is managed by
園山春二 / イーハトーヴ尾道を創ったアーティスト。

K. / アーキテクト

マスター S / 梟の館のマスター

イナッチ/旅するデザイナー

オカちゃん/高知で修行中

YONEDAM/旅するプロデューサー

まっちー/旅する書道家 カレー大好き

※本ブログに掲載されている尾道イーハトーブの写真はスタッフの許可を得て撮影しています。


人気ブログランキングへ
カテゴリ
尾道
梟の館
SAKA Bar
尾道ハーブ園ブーケダルブル
猫の細道/招き猫美術館
尾道アート館
小庵
福石猫
里石猫
こげらの家
ねこ
尾道オススメ
旅猫時間
K Museum
その他
災害ボランティア

以前の記事
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
その他のジャンル
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧