<   2011年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
0228 ピーターパンセット
d0209273_44098.jpg
尾道ハーブ園ブーケ・ダルブルの定番メニュー  ピーターパンセット

d0209273_4394085.jpg
ピクニック気分で召し上がれ

d0209273_4402671.jpg
オーガニックピタパンのミシン目を破ると袋になっていて、野菜や生ハム、チーズなどをつめこんでいただきます


d0209273_4415191.jpg
ピーターパンセットについているサラダやハーブ

d0209273_442914.jpg
ヒヤシンスの球根が芽を出してきました。
太陽神アポロンの寵愛を受けた美少年ヒアキントス
円盤が当たって死に、吹き出した血が草木とまじり
紫色のヒアシンスの花になったという伝説です


本日、記念すべきブログ更新2カ月目です!
次第に春めいてくる尾道IHATOVを今後も更新する予定です。

人気ブログランキングへ
by k_ihatov | 2011-02-28 13:00 | 尾道ハーブ園ブーケダルブル
0227 春はもうすぐ
今日は山間のネコノテパンでパンを買って、海辺のベンチで食べる事にしました。


三寒四温とは言うけど、最近昼間は歩いてるとコートが要らない日もあります。


d0209273_513956.jpg

漁師さん達の船を繋ぐロープ。
海辺に置いてあると、風化もあっという間なんだろうな。


d0209273_5133153.jpg

でも、ボクが海辺で過ごす時間は、とてものんびりしています。
尾道で暮らし始めてから、時間や季節について思いを馳せる事が多くなりました。


d0209273_5135478.jpg

ブーケダルブルではミーシャさんが植える種や苗の選定中。

d0209273_5142070.jpg

植えた種や苗が、芽を出して花を咲かせるのを想像しながら待つ時間というのは、とても心豊かな時間だと思います。

d0209273_5143798.jpg

自然の中で暮らす動物達は、もちろん四季の移り変わりをボクらより早く感じているのでしょう。

人気ブログランキングへ
by k_ihatov | 2011-02-27 10:00 | 尾道
0226 大橋散歩
夕暮れ時、少し足をのばして尾道大橋まで散歩してみました。
d0209273_584530.jpg
尾道水道に反射する夕日の光・・・尾道水道は波がたたないので
光の筋がきれいに見えます。

d0209273_59461.jpg
同じ場所に2本の橋。手前が向島と結ぶ尾道大橋、奥が四国まで続く
しまなみ海道の新尾道大橋。

d0209273_595024.jpg
夕日が新尾道大橋にかかっていきます。寒くなってきたのでそろそろ戻ろうかな。
ちなみに大橋の下では夜釣りをしている人たちをよく見かけます。釣れるポイントなのでしょうか?釣りはあまりしたことがないのですが、こんなに近くに住んでいるので趣味にするのもいいかも。釣りって最高のスローライフだしね。

d0209273_5103913.jpg
この日の昼は嫁がブーケダルブルでランチを予約したそうで、その時の写真だそうです。

d0209273_510961.jpg
摘みたてのハーブを使った料理をアンティークなフライパンで調理中をぱちり。。
K.「調理中にキッチンにまで入って邪魔じゃないの?次は僕も入れてもらおうかな~。」
Kumi「男子厨房に入らず。です。」

d0209273_510568.jpg
千光寺ロープウェイのゴンドラが新しくなり、デザインも一新されましたね。
ゴンドラの名前「さくら」と「かもめ」にちなんで、海や桜や尾道のあらゆるものをイメージしたデザインだそうです。

d0209273_5111727.jpg
長年前のゴンドラに見慣れているため、違和感は否めませんが、尾道の空になじんでいくんでしょうね。

人気ブログランキングへ
by k_ihatov | 2011-02-26 10:00 | 尾道
0225 雪の尾道
2月14日バレンタインデーの尾道は大雪でした!(尾道感覚)
朝起きたら雪景色!というのは数年に1回位あるのですが、積もったのは記憶にありません。近所の80歳を過ぎたお父さんも「こんなの子供のころ以来じゃ」と言ってました。

d0209273_562911.jpg
ほら、庭のフクロウも雪帽子。

d0209273_552165.jpg
日本庭園も雪が似合いますね。福石猫も雪から避難していました。
珍しい雪に戸惑っているようです。

d0209273_553661.jpg
一方、Cafe SAKA Barの屋根の上のガウス君は元気いっぱい。

d0209273_555423.jpg
雪の中のアダムとイヴ。寒い中でもお熱いことです。

d0209273_561010.jpg
お顔が隠れてしまいましたね。・・・どこのどなたでしょう・・・?

人気ブログランキングへ
by k_ihatov | 2011-02-25 10:00 | 尾道
0224 商店街散策1 林ウバ車店
今日は商店街を歩いて尾道シネマへ。
昼間はマフラーが無くても大丈夫。
ほのかに薫る春のきざしに胸が踊るな。



尾道の商店街は意外と長い。


d0209273_4455871.jpg

林ウバ車店さん。文字通りウバ車の専門店。
専門店を見るのってワクワクしていいよね。
特に興味が無い分野のお店でも、必ず何か発見がありそうです。


d0209273_4461965.jpg

しかし全国どこを探してもこんなマニアックな専門店は無いでしょう。


d0209273_4463943.jpg

ここは昔銭湯だったようです。
大きな浴場だったんだろうなあ・・・
今はお土産物屋さん&食事処になっています。


d0209273_4471679.jpg

ここメキシコさんは、すごく昔からある老舗の珈琲屋さんらしい。
この佇まいに、つい珈琲豆を買いたくなっちゃいますね。


d0209273_446542.jpg

ここにはいつも乾物や野菜や果物を売っているおばあちゃん達がいます。
話を聞くと、ず〜っと昔からここで取れ立ての食品を売っているとのこと。


最近地方では大型ショッピングモールが増え、昔ながらの商店街がどんどん姿を消してますよね。
尾道の商店街は活気溢れるといった感じでもないけど、シャッター街という訳でもなく、軒を連ねるお店も独自のペースを保っているように思います。

だから僕も自分のペースで歩ける気がしますね。
by k_ihatov | 2011-02-24 10:00 | 尾道オススメ
0223 小梅の朝番
d0209273_23125580.jpg

小梅です。寒い朝でも玄関でお客様を待つのが私の仕事です。

d0209273_23141850.jpg

招き猫美術館の庭がきれいに掃除されているか確認するのも私の仕事。

d0209273_2316180.jpg

ちょっと手塚さん!ここもきれいにね!

d0209273_23173839.jpg

美術館の入口左側には私専用の小さな入口があるの。

d0209273_23192420.jpg

美術館を出ると猫の細道があり、梟の館まで続いています。
この細道には猫の足あとがついてるのよ。

d0209273_23214539.jpg

さて、今日はここで待とうかしら。

d0209273_23281354.jpg

あら、しのぶさん!

d0209273_23303686.jpg

毎日こんな感じで看板猫しています。
by k_ihatov | 2011-02-23 10:00 | ねこ
0222 ガーデンストーブ
d0209273_2237124.jpg

K.です。最近、嫁にブーケのレポートを取られている気がします。ブーケでお気に入りの新しいテラスとガーデンストーブの話を聞いてきました。

昨年の秋、カフェの建物の北側にも、ウッドデッキを拡げました。南側のテラス席は、晴ればれとして、気持ち良いのですが、ここも木々に囲まれ、秘密めいていて、居心地良いのですよ。見上げれば、梅の木があり、もうすぐ、梅見のティータイムに、又、風の通り道なので、この夏、ここで憩うのが楽しみです。

d0209273_22382150.jpg

ガーデンストーブもここにお引越しアンティークな感じでとても、存在感あるでしょ。

d0209273_22385165.jpg

薫製作りやバーべキュー、落ち葉を燃やしたり、火を焚いて暖めたりできます。

d0209273_22391893.jpg

最近の調理器具って、火が見えなくて、味気ないでしょ、炎を見ると、こころまで、暖かくなりますね。
by k_ihatov | 2011-02-22 10:00 | 尾道ハーブ園ブーケダルブル
0221 尾道 千光寺
d0209273_235527100.jpg
ブーケ・ダルブルからの眺め
1月30日、30年間働いた千光寺山のロープウェイが最後の運転をしています。「かもめ」と「さくら」 お疲れさまでした。

d0209273_23574968.jpg
中村憲吉邸前
尾道出身画家の平山郁夫先生が愛した場所。作品もあります。たくさんの写真愛好家、観光客の方たちが、桜の頃や花火、初日の出など撮影スポットになっている場所。そこには絵師園山春二先生の石の梟も・・・この梟の石は尾道のあらゆる名所、観光スポットに“道しるべ”として置かれています。

d0209273_23592344.jpg
旧見晴亭脇の神社人に忘れ去られた荒れた神社。
千光寺入口のすぐ近くにあるのですがほとんどの人が知らないでしょう。ここに来ると時が止まった感覚に陥ります・・・

d0209273_023316.jpg
旧見晴亭入口にある大きないかり見晴亭の所有者は造船業を担っていた方だったと聞いています。よくここまで運ばれました。

d0209273_051315.jpg
千光寺入口この階段を登ると本堂があります。登ったことがある人はわかると思いますが、平衡感覚がおかしくなりそうな階段です。

d0209273_075988.jpg
千光寺本堂より尾道水道を望む
いつ来ても良い眺めです。「これぞ尾道」と思う人も多いのでは・・・
by k_ihatov | 2011-02-21 10:00 | 尾道
0220 福石猫
K.です。
新しい福石猫を探してきました。
d0209273_21245813.jpg
“金猫”
文字通り願いを込めて頭を3度なでると金運がアップしていくらしい。結構なでているのですが、まだ効果はでておりません。なですぎ?

d0209273_21261911.jpg
アダムとイヴ
猫の細道で愛を語っている子たち。男性は右の猫、女性は左の猫を手で隠して写真を撮ると意中の相手が・・・ 。各種メディアにも出ているのでこの福石猫の前では観光客がよくいますね。

d0209273_213015100.jpg
ガウス
Cafe SAKA Barの屋根にぽつんといるお気に入りの福石猫。
輪郭がぼけているので、こっそり「ガウス」と呼んでいます。
※ガウス=Photoshopという画像用ソフトで画像をぼかす際に使う機能の名称。

d0209273_21315393.jpg
魔除けの“クロ”
尾道アート館内にいます。福石猫神社のおみくじで「凶」がでたならば、この子を手水鉢の水につけて「厄流し」して下さい。

d0209273_21334276.jpg
ある建物によりそっていた福石猫ですが、先日その建物の土壁が落ちて埋もれてしまいました。いつのまにかいなくなったり、風景に溶け込んでいたり、建物と一緒に朽ちてしまったり。福石猫の魅力はそんな所にあるな。なんて思いながら、ぱちり。
by k_ihatov | 2011-02-20 10:00 | 福石猫
0219 尾道 千光寺 
遠方から友人が来たので、千光寺観光へ。
d0209273_2335638.jpg
千光寺山山頂からの眺め
中腹の千光寺まで続く道には文人達が尾道を詠んだ句の石碑が立ち並ぶ「文学のこみち」があります。 文学のこみちより尾道水道を望む石碑は林芙美子の「放浪記」。この文章の部分は、尾道へ向かう汽車からの眺めを詠んだものということですが、現在の東尾道から尾道へ向かう時、大きくカーブしたその先に尾道水道がいきなり目に飛び込んできます。尾道好きなら心が揺れる瞬間です。芙美子も突然現れた尾道水道に対し、まず「見えた」だったのでしょう。

d0209273_23374896.jpg
千光寺鏡岩が見えます。向島の灯台の灯りを反射して、船に伝えていたとされています。

d0209273_23385017.jpg
鏡岩の下の手洗鉢

d0209273_23411616.jpg
蓮の形が好きです。

d0209273_23424382.jpg
鏡岩の下 奇石三重岩
この先には62年ぶりに復元されたという鎖山があります。昔は修行の1つとして行われていたそうです。鎖で岩肌を登ると尾道の絶景が拝めます。登りたい人はスニーカーをお勧めします。 更に険しい鎖山が尾道にはあります。その紹介はまたいつかの日に。
by k_ihatov | 2011-02-19 10:00



イーハトーヴ尾道から尾道時間をお伝えします。
by K_IHATOV
This blog is managed by
園山春二 / イーハトーヴ尾道を創ったアーティスト。

K. / アーキテクト

マスター S / 梟の館のマスター

イナッチ/旅するデザイナー

オカちゃん/高知で修行中

YONEDAM/旅するプロデューサー

まっちー/旅する書道家 カレー大好き

※本ブログに掲載されている尾道イーハトーブの写真はスタッフの許可を得て撮影しています。


人気ブログランキングへ
カテゴリ
尾道
梟の館
SAKA Bar
尾道ハーブ園ブーケダルブル
猫の細道/招き猫美術館
尾道アート館
小庵
福石猫
里石猫
こげらの家
ねこ
尾道オススメ
旅猫時間
K Museum
その他
災害ボランティア

以前の記事
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
その他のジャンル
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧