<   2011年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧
0831 ブーケ散策3
d0209273_413171.jpg

ブーケダルブルの中にあるミニショップ五感から見た庭。瓦で囲われた池、小庵へ上がる階段が見えます。ミーシャさんやマチコさんが厨房にいる時は大体ここで会話しているので、自分の中ではお気に入りの景色。

d0209273_414642.jpg

ミーシャさんのアロマ棚もここにあります。いつも整理整頓されています。

d0209273_415939.jpg

写真見えにくいですけど、カチンコ(映画撮影の時に監督が「カット!」とか言いながらたたくアレ。)で遊ぶ美海。

d0209273_42207.jpg

厨房には園山先生の絵の下書きが落ちていたりして楽しい。

d0209273_44263.jpg

この日は美海とハーブを見て回りました。でも子供はハーブの匂いってあまり好きじゃないですよね。うちだけか?

d0209273_445815.jpg

去年、ミーシャさんにハーブ湯用のハーブ束を作ってもらったな~。今年もお願いしたいな。。
by k_ihatov | 2011-08-31 10:00 | 尾道ハーブ園ブーケダルブル
0830 ブーケ散策2
d0209273_3551376.jpg

引き続きブーケダルブルの散策です。ブーケには入口が3箇所あるのですが、こちらは猫の細道から入る入口です。

d0209273_3564419.jpg

猫の細道側から見た景色も好きですが、内側から見返るのも素敵です。。

d0209273_357229.jpg

パーゴラから落ちる木漏れ日。今年の春に設置したパーゴラがもう景色に馴染んでいます。

d0209273_3574294.jpg

アンティークの秤。少し錆びた感じがイイです。

d0209273_3575845.jpg


ドライトウモロコシ?緑のツタに色が映えますね。

d0209273_3583425.jpg

アジサイがドライフラワーになって良い色に。

d0209273_3585050.jpg

テラスにあるガラステーブルを水面に見たててパチリ。

d0209273_359647.jpg

朝イチ。お客さんがまだいない時間なんですけどね。
「ミーシャさん、朝のモーニングコーヒーとか出したら良いのに。」
「朝にイーハトーヴに登ってくるお客さんが増えたら考えるわね」

d0209273_3592296.jpg

まあ、自分達が楽しむってのがイーハトーヴ流ですからね。これで良いのかも。静かに朝のコーヒーを楽しみたいし。

d0209273_3594657.jpg

あー。このケトルなんに使うのかまた聞くの忘れた〜。今度マチ子さんに聞こう。
by k_ihatov | 2011-08-30 10:54 | 尾道ハーブ園ブーケダルブル
0829 ブーケダルブル散策1
d0209273_3484364.jpg

娘と一緒に尾道ハーブ園ブーケダルブルの散策です。
上のカット素敵でしょ?今まで撮ったことのない構図なんですが、ブーケの雰囲気をよく出せている写真で満足。

d0209273_349624.jpg

猫の細道にしかないと思われがちな福石猫もブーケにはたくさん隠れています。ハーブティーをー頂きながらゆっくり散策ってのも素敵です。

d0209273_3492759.jpg

ここからの景色が好き〜

d0209273_350426.jpg

ブーケは段状になっている敷地なので、少し入ると景色がガラッと変わります。立体的なハーブ園。

d0209273_3501861.jpg

あーかわいーなー。と思って撮影したのですが、名前聞くのを忘れた〜。

d0209273_3503156.jpg

片耳ラビット君。目がかわいい。

d0209273_350532.jpg

馬に乗る福石猫君。何処にお出かけかな?

d0209273_3519100.jpg

尾道を一望。遠くに見える橋はしまなみ海道。手前の赤い屋根は絵本館。絵本館の屋根の上にあった福石猫は怖がって何処かへ行ってしまったとか(笑)

d0209273_3512856.jpg

小庵というイーハトーヴの館(シャトー)もブーケの隣にあります。。その隣には天寧寺三重塔。京都みたいです。

d0209273_3515563.jpg

あ、ここにもいた。

d0209273_3521545.jpg

雪の時期にブログに書いたエンジェル君。木陰で気持ち良さそうです。したの方に見えるのはカウンターテーブル。以前、スイカを食べた所ですね。

d0209273_3524360.jpg

緑に埋もれるエンジェル君。何考えてるのでしょうか。
by k_ihatov | 2011-08-29 10:00 | 尾道ハーブ園ブーケダルブル
0828 福石猫ができるまで。
d0209273_0512827.jpg

大の福石猫ファンの美海。先生のアトリエにまで押しかけました。

d0209273_0515821.jpg

一般には公開していない福石猫の制作過程を少しだけご紹介。

d0209273_0521528.jpg

見るだけでなく「春二さん。福石猫を描くところを見てみたい~」とねだる美海。
恐れ多くてK.も行ったことのないセリフをそんな簡単に。。。Good Job!

d0209273_0523233.jpg

下書きなしにすらすら~と書いていく先生

d0209273_0525230.jpg

色が載っていない福石猫もいいな。

d0209273_0531060.jpg

ネズミを上に載せている福石猫の完成♪
by k_ihatov | 2011-08-28 10:00 | 福石猫
0827 パン屋航路
d0209273_3165330.jpg

尾道の商店街にある人気のパン屋さん、パン屋航路に来ました。

d0209273_3161845.jpg

とてもシンプルで綺麗な店舗はお客さんで一杯。外の並ぶ日もある位です。

d0209273_3174772.jpg

文学作品のタイトルをもじった店名もガラスに直接プリントされていて、とても好印象。

d0209273_318042.jpg

ラインナップとしては少し甘いパンから、ハードなパンまで幅広く揃っている感じ。嫁はハードパン派で美海は甘いパンが好き。K.は両方好きなので困ります。

d0209273_3182275.jpg

この測り素敵ですね。材料粉を測る用に受け皿が大きくなっているのでしょう。機能美ですね。

d0209273_31972.jpg

店内では美人店員さんがテキパキ働かれていました。ここはパンを作っておる方がハンサムな男性達なので美海はお気に入りなんですが、休憩中だとか。残念!

d0209273_3192495.jpg

皆さん生活の一部としてパン屋航路さんを使われていますね。

d0209273_3194950.jpg

お兄さん達目当てで来たと告げると、やっぱり人気あるそうです。
by k_ihatov | 2011-08-27 10:15 | 尾道オススメ
0826 鞆の浦へ行く 4
d0209273_333127.jpg

さすらわてぃを降りて海岸沿いまで降りて来ました。海岸沿いは護岸のコンクリートでもなく、味気ないテトラポッドでもない、アクセス可能な石積み。

d0209273_334745.jpg

昔ながらの町が残っているという園山先生の会話が思い起こされます。漁船の中では小さな部類になるのでしょう。尾道でもこんな護岸はそう多くありません。船の出港まで20分。美海は探したいものがあるようです。

d0209273_34465.jpg

鞆猫いたー!!!猫を飼った事がないので良くわからないですが、産まれて間もない猫。

d0209273_342352.jpg

近くに寄ろうとするとママ猫が近寄って来ます。
あと100mm近づいたらわかってるやろうな?みたいな。

d0209273_344289.jpg

本気やで。うちは本気やで!

d0209273_345854.jpg

親心知ってか、知らずか、マイペースな子猫。

d0209273_351539.jpg

にゃーう。

d0209273_35349.jpg

雰囲気のあるお寺があり、境内を見学させていただきます。寺社のアプローチはとても建築の参考になります。

d0209273_355360.jpg

お寺のすぐ脇にあった家。いいなー。この階段!擁壁がすんごい事になっていたけど(笑)

d0209273_37117.jpg

帰りの船が到着しました。ちょうど尾道の花火の日だったので、浴衣のカップルが船着場で待っていました。船で花火を見に行くなんて、なんて素敵なんでしょう。

d0209273_37245.jpg

最終便の船員さんはとっても陽気!「やっほーう。帰ったら花火だよー。花火が見れるよー」と歌いながら仕事をしていました。鞆の浦から尾道へ行く船の中は皆心なしか浮かれていました。

d0209273_374312.jpg

海路の楽しみは船長さんのアナウンス!大きなタンカーの横を通って。。。

d0209273_375970.jpg

タンカーの側面のこの数値。中に入っている石油量をわかりやすく示しているんだとか。へー。

d0209273_381425.jpg

パナマの船を日本で作っているんですね。

d0209273_383228.jpg

尾道水道に入って来ました。海の上では花火の準備が終わり一息つく花火師達。手をふってくれました。

d0209273_385226.jpg

海岸にはビッシリと花火見客。無事に尾道に到着。鞆の浦、最高でした!
by k_ihatov | 2011-08-26 10:02 | その他
0825パライソ
d0209273_3102711.jpg

本日は美海を連れてparaisoへきました。

d0209273_3104327.jpg

五歳では少し怖がるかな?と思っていましたが、意外に普通。

d0209273_3105794.jpg

いつもはカウンターなんだけれど、スツールが娘には高すぎたので、お気に入りのソファー席に。

d0209273_311168.jpg

梟の館も照明にこだわりがありますが、paraisoさんの照明も美しいですね。

d0209273_3112813.jpg

燃えないのかな?こんなアレンジしてみたいです。

d0209273_3114316.jpg

昔表に出していた看板でしょうか?趣があります。

d0209273_3121256.jpg

オレンジジュースとハイネケン。美海もいつか彼氏と来るんだろうねー。美海は遊園地にいくよ。いつまで父親と一緒についてきてくれるのかな。。。

d0209273_3124215.jpg

こちらもお気に入りのソファーセットを上からパチリ。綺麗なテーブルの天板だな。
by k_ihatov | 2011-08-25 10:09 | 尾道オススメ
0824 鞆の浦へ行く3
d0209273_2522763.jpg

鞆の浦らしい景色を求めて、医王寺へ。石垣の感じがだんだんと尾道の風景に似てきます。
尾道の山の手も昔に財をなした人が多く住む町なので、山の手の石垣はお金のかかった作りになっています

d0209273_2525454.jpg

そんな坂道の途中に「さらすわてぃ」という看板が突然現れました。


d0209273_2531889.jpg

見上げると、瀟洒な和風建築の門構え。梟の館と同じ雰囲気を感じ、入ることに。絶対良い景色が開けているはず。

d0209273_2534013.jpg

「絶対、こんな場所には良い所があるよね♪」とK.のセリフを真似、ぐんぐん進む美海。

d0209273_254614.jpg

アプローチ素敵です。手摺なんて付けない所とか石の置き方とか。

d0209273_2542886.jpg

「本当に海が見えるの~?」「大丈夫だって。」

d0209273_2545080.jpg

入った瞬間。風がふわーと吹き抜ける店内。縁側?とにかく広い縁側。

d0209273_255995.jpg

店内も素敵です。陶芸家のお店なのかな?奥の低い窓が借景として効いています。

d0209273_2552658.jpg

「うわぁー」2階の景色。こんな場所で寝起き出来たらどんなに良いだろう。
景色を大きく切り取る為に腰壁を低くしていますね。

d0209273_2554742.jpg

「美海は美しい海って書くんだ~。だからこんな場所に住みたいな~」

d0209273_2561053.jpg

医王寺へは登らずにここで時間を過ごすことにしました。こういった感じに直感でスポットを見つけてスケジュールを変更することがK.の旅には良くあります。尾道もそもそもそのスタイルで見つけたしね。

d0209273_257241.jpg

1FがCAFEになっており、縁側でもお茶を頂くことが出来ます。
「もともと福岡で忙しい生活をしていたのですが、ここに来て太陽の登る所、沈む所を楽しむ生活になったのよ」とCAFEオーナーの新田さん

d0209273_2582100.jpg

海の風が心地よいこんな夏の日は木陰の縁側が気持ちよく感じます。
簾の天井への掛け方一つとってもしっかりとしたおさまりをしているこの建物。かなり手をかけています。

d0209273_259184.jpg

美海はリンゴジュースを頂きました。

d0209273_2582444.jpg

「もともと大正時代の屋敷を改造して作ったCAFE兼セレクトショップなんですよ。」
「この大開口を大きな建具にする為には通常のガラスではないですよね」
「そうなんですよ。どうしても4枚の建具にしたくって。強化ガラスです。」

d0209273_259594.jpg

トイレも見せて頂きました。窓のおさまり。左官の仕上げ。すべてに新田さんの世界観が詰まっています。左官のサンプルまで自分で作ったそうで、そんなクライアント聞いたことないです(笑) ただ、実際のサンプルを見せてもらって、納得!左官やさんは綺麗に仕上げ過ぎてしまうものですが、少し経年変化しているような質感を出したかったようですね。これは、、、サンプルしか伝えられない表現です。

d0209273_302153.jpg

この開口部素敵ですよね~。こんなテーブルのあるCAFEなら毎日通いたくなります。

d0209273_304543.jpg

窓を木枠にする為に、サッシが特注なんですよ。それだけの価値はあります。

d0209273_2592674.jpg

こんな景色の素晴らしい場所で素敵な生活を送られている新田さん。
僕が尾道に設計をする際はきっと相談に伺う気がします。
本当にありがとうございました。
by k_ihatov | 2011-08-24 10:50 | その他
0823 鞆の浦へ行く2
d0209273_2453047.jpg

崖の上のポニョで全国区になる前から、鞆の浦は昔ながらの街並みが残る街として有名な街でした。園山先生からも一度行っておくと良いよ。と言われつつも、なかなか足を伸ばせないでいました。

d0209273_2455115.jpg

映画で有名になって観光地化してしまったんだろうな。と思いつつ、今回訪れたのですが、この街の人は鞆の浦がポニョで有名になっているって知ってるの?と思うくらい、ほとんどポニョを表に出すことがない街並み。感動するくらいいい街でした。

d0209273_2461437.jpg

有名な常夜灯。灯台と海との関係が美しいランドスケープ。
イタリア、北欧の港町の様な。でも竜馬も似合いそうな空間でした。

d0209273_2463880.jpg

常夜灯の脇にあるカフェ。時間がなかったので入りませんでしたが、店構えが程よくポップ。

d0209273_2471773.jpg

昔はこれで港に行き着いたんですよね。石積の技術がすごいですね。
灯台は風雨、波にさらされるので、当時の最先端の建設技術が使われていたと聞いたことがあります。

d0209273_2482100.jpg

常夜灯脇の海へ下る階段。干満による海の変化にも対応する昔の技術ですね。

d0209273_2482233.jpg

板塀、漆喰の街並み。

d0209273_2484283.jpg

左官技術が美しい漆喰のおさまり。現代建築が美しくなく感じる一瞬です。

d0209273_249894.jpg

あ、やっといた(笑)

d0209273_2493165.jpg

街の人たちは自分たちの街を「とも」と呼びます。良い響きだな〜

d0209273_2495067.jpg

港が見える医王寺目指して歩きます。500段歩けるか?美海が大分へばっているんですけど
by k_ihatov | 2011-08-23 10:00 | その他
0822 鞆の浦へ行く1
d0209273_4345066.jpg

夏休みの計画の一つ。鞆の浦に行きたい!ポニョに会いたい!というイベントがありました。

d0209273_4351220.jpg

尾道駅前からジュゴンという船に乗って鞆の浦へ。

d0209273_435332.jpg

フェリーは乗ったことあっても、こんなに速い船は初めての美海。

d0209273_4354988.jpg

大はしゃぎです。

d0209273_436514.jpg

向島へのフェリーへばいばーい。

d0209273_4372046.jpg

吊り橋の下を進む先は未知の領域。

d0209273_4373875.jpg

造船の街。大きなタンカーが建造中。造船業は好景気なようで、道中たくさんの建設中の船を見ることが出来ました。

d0209273_4375699.jpg

百島!梟の館のイチゴかき氷の上に乗っている春イチゴの採れる島!

d0209273_4381377.jpg

さて、船内のおやつ、尾道プリン!ヤマネコカフェの駅前テイクアウト店で購入。

d0209273_4385449.jpg

おいしく頂きました♪程良い甘さで美味だったそうです。(一口もくれなかった)

d0209273_439153.jpg

建造中のタンカー。赤い部分はおしりの部分だけ。大きい船はああやってぶつ切りに建造していくそうです。
知らなかったー。

d0209273_4421356.jpg

時間はあっという間に過ぎ、鞆の浦に到着。2時間の滞在予定です。
by k_ihatov | 2011-08-22 10:00 | 尾道



イーハトーヴ尾道から尾道時間をお伝えします。
by K_IHATOV
This blog is managed by
園山春二 / イーハトーヴ尾道を創ったアーティスト。

K. / アーキテクト

マスター S / 梟の館のマスター

イナッチ/旅するデザイナー

オカちゃん/高知で修行中

YONEDAM/旅するプロデューサー

まっちー/旅する書道家 カレー大好き

※本ブログに掲載されている尾道イーハトーブの写真はスタッフの許可を得て撮影しています。


人気ブログランキングへ
カテゴリ
尾道
梟の館
SAKA Bar
尾道ハーブ園ブーケダルブル
猫の細道/招き猫美術館
尾道アート館
小庵
福石猫
里石猫
こげらの家
ねこ
尾道オススメ
旅猫時間
K Museum
その他
災害ボランティア

以前の記事
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
その他のジャンル
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧