<   2011年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧
1231 大晦日
d0209273_452330.jpg
K.です。
今年の元旦にブログを始め、明日で丸一年が経ちます。
尾道のスローライフを伝えたい!という思いから始まったブログも、東京に長期出張が入ったり、福石猫の小梅が幅を効かせてきたり、旅石猫や、里石猫が始まったり、東京デザイナーズウィークに出展したり、被災地へ目を背けられずに度々行ったりと中々当初の思惑通りにはいかないなぁ〜と思いながら、奥さんの実家でコタツに入っています。ああ、暖かい。

今年最後の写真は初の家族全員がのってる写真です。年賀状ですいません。

来年もこんなペースですが、よろしくお願いします。感謝!
by K_IHATOV | 2011-12-31 07:00 | 尾道
1230 茶会3
d0209273_18461684.jpg
小梅です。立礼でのお茶会に使用されていたテーブル。これなんだと思います?
正解は水車!水車を分解してテーブルにしているんですよ。

d0209273_18465920.jpg
茶席において当主が客に伝えたいメッセージがどんな形で伝えられるか、今回は一つ一つにどんな意味を込めているか。茶会は一期一会なんですね。この柚子にも意味がありました〜

d0209273_18471969.jpg
魔王「結構なナツメですなぁ〜」
先生「ナツメは斜めにしない方が良いですね」
魔王「あ、そうですか。こう?」
先生「そうそう。」

d0209273_18474229.jpg
魔王「見事な茶器ですなぁ〜」
先生「器の下を覗くと分かってるな!という感じです(笑)」
魔王「こうでしょうか?」
先生「そうそう。低い位置で見る方が良いですね」

魔王さん。。。どの方向に向かおうとしているのでしょうか(笑)

d0209273_18494573.jpg
今回、お誘いして頂いたハンサムなお茶の先生です。小梅の好み〜

d0209273_1850047.jpg
というわけでお茶会初体験でした〜
d0209273_18474229.jpg

by K_IHATOV | 2011-12-30 07:00 | 福石猫
1229 茶会2
d0209273_18425861.jpg
日本人らしさを猫といえども身につけなければ♩と思う福石猫の小梅です。あるご紹介があり、ビギナーの為の茶会に参加しています!

d0209273_18431927.jpg
席を移って、今度は椅子に座りながら頂く茶会形式「立礼」の作法を教えて頂きます。

d0209273_18433558.jpg
「日本人といえば茶ーですからね!僕は大丈夫デスよ。」先程、結構なお点前ですと返事し、実際の場では言われることにない代表的な言葉だと先生にコメントされていた稲井さん。今度はリベンジです。ー

d0209273_1843522.jpg
抹茶が出るだろうと、緑色のマニュキアしてきた魔王さん。先先程は正座している姿が不思議でした!

d0209273_1844975.jpg
一通りの流れを紹介したあと、それぞれの説明が行われます。

d0209273_18443489.jpg
次回は小梅が気に入った道具について!もう少し続くよ!
by K_IHATOV | 2011-12-29 08:06 | 福石猫
1227 茶の道1
d0209273_13281120.jpg
12月のある日、都内にて福石猫小梅、梅次は茶の道デビューしました。

d0209273_13282821.jpg
見慣れない道具にみんなドキドキ

d0209273_13283410.jpg
ビギナー向けの茶会ですのでこのように高座に先生が座り、進行を説明します。

d0209273_13284725.jpg
同席したのは茶の湯なら任せろ!と言った、稲井&魔王コンビ(笑)

d0209273_13285977.jpg
頂きます。まるで借りてきた猫状態

d0209273_1329349.jpg
僕らもお茶を頂きましたよ

d0209273_13291791.jpg
途中途中で先生による解説が加えられます。とても丁寧で分かりやすい解説でした。

d0209273_13293094.jpg
ありがとうございました。この後は立礼(りゅうれい)という椅子で頂く茶会の様子をお伝えします。
by K_IHATOV | 2011-12-27 13:36 | 福石猫
1223-24 災害ボランティア3 新年辰年お餅大作戦
d0209273_7174722.jpg
22日の深夜に新宿を出たバスは朝、6:30に仙台駅に到着。前日からの寒波により小雪の降る寒い朝でした。

d0209273_71874.jpg
10分後に出発の仙台発石巻行きの高速バスに乗り換えて仙台へ。

d0209273_7183368.jpg
石巻仙台間の線路はまだ復旧していない為、高速バスしか足がありません。4月に入った時も東京からのバスだった為、途中の景色を見ると町の復旧具合を知ることができます。

d0209273_7185236.jpg
今回は小梅も参加。役にたてるかにゃ。

d0209273_7191650.jpg
山間の町をぬけて石巻の平野部に入りました。4月に入った時はこの道路の下に瓦礫がたくさんあり、自衛隊の方達が必至で支援物資、インフラ復旧をされていました。今は綺麗になっています。

d0209273_7193934.jpg
石巻駅に到着し、時間を無駄にしたくないのでタクシーで湊小学校へ。駅前はほとんど綺麗になっていますが、沿岸部は壊れた家ばかりが目立ちます。

d0209273_7201068.jpg
過去2回のボランティアをとおしてお世話になった湊小学校でおります。避難所は既に解散していますが、「湊小学校」はいろんな人の記憶に残る場所になっています。

d0209273_7203475.jpg
湊小学校脇の道路を歩いていて気がついたこと。歩道の分離帯がずいぶん埋まっていることから、道路の舗装をかさ上げされているようです。石巻では地震後70cm地盤が下がったため、満潮時には道路が冠水してしまいます。冠水の厳しい部分のアスファルトをかさ上げした為にこのようになったようです。

d0209273_7205285.jpg
そしてたどり着く、今回の相棒ちゅんの「その子どもサイクルぅ」 彼の描くキャラクターとなりのその子どもは恐竜のかぶり物をしている赤ちゃんです。

d0209273_7212587.jpg
その子どもサイクルぅは湊小学校のすぐ近く「味処 東助」の1階を借りて営業しています。ちゅんもその2階に部屋を借りています。

d0209273_722271.jpg
2階へあがるとちゅんとこうじ君が配達するルートの最終チェックを行っていました。

d0209273_7225823.jpg
チームまっぴらーの吉田君、ちゅんの弟シンヤ君のサポートもあり、480袋のモチは既に段ボールに入れられていました。

d0209273_7244747.jpg
それをカメラマン加藤さんの車に積んで出発。段取りを用意周到に行ったので、到着後30分で出発です。

d0209273_726681.jpg
カメラマンの加藤さん。ちゅんのブログで何回も見ていますが、実際に会うのは今回初めて。

d0209273_7263970.jpg
湊小学校の元「キッチン」こうじ君。さわやかな風貌は湊小で人気でした。

d0209273_7271445.jpg
今回の相棒「ちゅん」。

d0209273_7274319.jpg
さあ出発です。

d0209273_7281338.jpg
最初のエリアはカキの養殖で有名な万石浦近くの仮設住宅です。海岸際はこのように壊滅したまま。小さな公園や駐車場の中に7戸程の小さな仮設が分散しているのが石巻の仮設の現状です。

d0209273_7284016.jpg
グループホームの仮設等はこのようにスロープがついています。

d0209273_72993.jpg
各戸の入り口にはポストがあります。今回はモチ5個が入れられたメッセージ印刷済みの封筒をポストに投函していきます。

d0209273_7295847.jpg
途中、まだ復旧していない線路を通過しました。

d0209273_7302942.jpg
都市インフラの分断が復興の妨げになっています。きっとこの線路の先で復旧を急いで工事する人達がいます。感謝。

d0209273_731153.jpg
休止中の踏み切り。昼過ぎになって寒さが厳しくなってきました。手が凍えてきます。

d0209273_7314315.jpg
たくさんの仮設を回っていて気がつくことは防寒仕様が場所によって違うこと。入り口の2重扉が甘い所もあれば、窓が2重サッシになっていたり。山の影になって洗濯物が乾かない位置にたててしまったりと。建設時に時間がなかったんでしょう。

d0209273_732994.jpg
このように公園の中に仮設を立てているので、仮設の駐車場の真ん中にベンチがあったりします。

d0209273_7322923.jpg
A4サイズの封筒を折り曲げてポストへ投函。安全なものであること等の情報は裏面に印刷しています。

d0209273_732547.jpg
井内の仮設で再開した湊小学校に避難されていた住人さん。同じ仮設にすむ他の人は若者ばかりで昼間は働きに出ていること。抽選でここに来た為に地域のつながりが分断されていて、引っ越してきてから今日まで隣の人と話していない。そんな現状を聞くことができました。何か手を打たなければ。

d0209273_7332566.jpg
井内から旧北上川沿いを移動。満潮に近いのか河が満水状態です。かなり危険な状態がまだ続いています。

d0209273_7335466.jpg
日和山の仮設に着きました。日和山は平野部の石巻において小高い山になっている場所。この上のエリアは波が届きませんでした。この坂を平野部の住民さんが駆け上がり、ある高さより下は水につかってしまいました。

d0209273_7341988.jpg
車の中からも写真を撮り続けるちゅん。

d0209273_7345651.jpg
午後3時。予定していたほとんどの仮設に配布することが出来ました。たまたま最後に配ったお母さんと一緒に記念写真!

d0209273_7355727.jpg
東助に帰ると湊小学校の本部のスタッフによる忘年会が始まろうとしていました。

d0209273_738186.jpg
ちゅんも気心のしれた人達に囲まれ、優しい表情に。

d0209273_739187.jpg
お互い撮り合ったりして。

d0209273_7412235.jpg
今回の小梅の目的に「石巻に福石猫を届ける」ことがありました。場所はやっぱり東助!おじさんに福石猫の説明をし、承諾していただけました。名前は「あの子ども!」

d0209273_7444289.jpg
福石猫の「あの子ども」ちゃん。彼を石巻に連れてきたかったのには理由があります。あの子どもちゃんはうまく置かないとうなだれてしまう形をしています。まるで今の石巻のようです。

d0209273_74621.jpg
でも上を向くと大きな笑顔。いつかこうやって笑顔だらけの石巻になりますようにとの思いを込めて、東助に置いてもらいます。

d0209273_7463661.jpg
東助おじさんも「あの子ども」が気に入ってくれたようです。

d0209273_7471176.jpg
お酒のグラス棚に置いてくれるそうです。みんなが注目するとっても良い位置。がんばってね~

d0209273_7475588.jpg
「あの子ども」ちゃんの写真を撮ってると隣で真剣にファインダーをのぞく「ちゅん」今回はお世話になりました。

d0209273_7484419.jpg
そして、K.にとってはウレシイことがもう一つ。4月に湊小学校に入り、コンポストセットを学校に送っていました。左の二人はそのコンポストを小学校で仕切ってくれた方達で今回初めてお会いすることが出来ました。ほぼ半年の間、避難所が解散するまですべて(最大800人)の生ごみを土に還してきました。解散後はコンポストセットはおふた方が持ち帰り、周辺の生ごみをコンポスト化し、自分達の畑に肥料として使用。そこで出来た野菜は近隣に配布しているそうです。今回の年越しモチ大作戦同様、会社の同僚に支援をもらってのボランティアです。良い報告が出来そうです。

d0209273_7492555.jpg
本部のメンバーは東助での忘年会を終えて、そのあとボーリングに行ってしまいました。K.ちゅん、こうじ達はその後も復興支援の形について議論。最後は良いさましに周辺を散歩してきました。写真は湊小学校前の歩道橋。湊小学校に避難した方で、手前で津波に巻き込まれ、この歩道橋で難を逃れた方が多かったと聞きます。

d0209273_750324.jpg
その子どもサイクルぅの2階で寝袋に入る前、隣のカメラマン加藤さんの寝袋には写真のようなたくさんの避難所の方の集合写真が置いてありました。加藤さんは避難所で多くの方の写真を撮り、配り続けています。写真を含め、たくさんの物を流されてしまった人達に、加藤さんは笑顔を届けている。素晴らしい活動だと思います。

d0209273_7503358.jpg
翌朝、寒さで目が覚めました。木造で地震により隙間も多い2階。吐く息が白い。仙台へのバスに乗る時間が近付いてきました。ちゅんは明け方までブログアップしていたのでしょう。起きそうにないので、そのまま出発することにしました。

d0209273_7535283.jpg
その子どもサイクルぅの外の地面に書かれているマークの上、朝日の中で小梅をパチリ。

d0209273_7544198.jpg
小梅「私はこっちの写真が好きだけどね~」

d0209273_757776.jpg
駅までは加藤さんとこうじ君が見送りに来てくれました。仙台まではバス、仙台からは新幹線で東京へ。

d0209273_811099.jpg
24日の昼には家族の元に帰ることが出来ました。写真はK.と美海で制作したトトロと猫バスのクリスマスケーキ

d0209273_815861.jpg
予想外だったのはクリスマスプレゼントリストがいつのまにか作られていて8つ?も欲しいものリストが(笑)欲張りすぎです。

d0209273_5193293.jpg
もち袋表

d0209273_5195323.jpg
もち袋裏
■■■
今回の企画は東京のK. 石巻のちゅん二人がチャット、メール、電話で連絡を取り合い、準備を進めてきました。東京の同僚から寄付を集め、石巻の仮設住宅の方々にモチを配ることをK.が考え、ちゅんに相談しましたが、仮設住宅の現状。特に大型の仮設住宅にはボランティアが集まるが小規模の所へのボランティアが少ないことなどは私には知りえないことでした。また、すべての仮設をリストアップした後、480戸へ配る計算を行い、35戸以下の小規模仮設に限定するというスキームを作ったのはちゅんとこうじ君達です。素晴らしいです。
今回、こんなに仮設の位置情報が明確でないこと。小規模の仮設へのサポートがなされていないのではないかという問題点が分かってきました。今後もちゅんと相談して出来ることはサポートしていきたいと思っています。

最後に、ちゅんサイドから見たブログを以下に載せます。彼の熱いブログもご覧下さい。

12/19 「その子どもサイクルぅ」と「その子ども」と「ケンケンとチームまっぴらぁー」と「餅」
12/20 「その子どもサイクルぅ」と「下準備ぃ」と「キッチンこうじ到着」
12/21 「その子どもサイクルぅ」と「動き出す、、餅?」
12/21 「その子どもサイクルぅ」と「仮設住宅に向けてのアプローチ」と「加藤さんの一事」
12/22 「その子どもサイクルぅ」と「石巻市立湊小学校」と「湊小終業式」
12/22 「その子どもサイクルぅ」と「湊小終業式」と「新年辰年お餅大作戦最終準備!」
12/23 「その子どもサイクルぅ」と「新年辰年お餅大作戦」と「ゴーゴードライブ!」
12/24 2011年から2012年へ「新年辰年お餅大作戦!」
12/24 「その子どもサイクルぅ」と「石巻市立湊小学校本部の忘年会ぃ」

今回の配布は以下のとおり。(ちゅんのブログより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ポストに投下させて頂いた「仮設団地」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


12月20日
「水押公園〈仮設開北〉」/7戸

12月22日
「蛇田北部1号公園〈仮設蛇田北部第一〉」/21戸

12月23日
「祝田保育所跡地」/11戸
「サンファン駐車場」/11戸
「599号開発公園」/7戸
「垂水三丁目公園」/7戸
「垂水二号公園」/24戸
「渡波北部三号公園」/12戸
「渡波北部二号公園」/32戸
「新成一丁目公園地区」/17戸
「渡波北部一号」/11戸
「渡波鹿松山地区」/22戸
「井内地区」/15戸
「新栄東公園」16戸
「新栄中央公園」/13戸
「新栄一丁目」/35戸
「海門寺テニスコート」〈仮設日和が丘第二〉/15戸
「県営日和が丘住宅跡地」〈仮設日和が丘〉/11戸
「泉町教職員住宅跡地」〈仮設泉町〉/13戸
「青葉西地区」/26戸
「高等技術専門校グラウンド」〈仮設青葉西〉/14戸
「一番谷地地区」〈仮設一番谷地西〉/35戸
「一番谷地地区2」〈仮設一番谷地南〉/27戸
「水押住宅自動遊園」/14戸
「中里7丁目公園」障害者向けグループホーム型福祉仮設住宅/18戸
「北上公園」障害者向けグループホーム型福祉仮設住宅/34戸
「駅前北通ちびっ子広場」/12戸(最終)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
全27カ所
全480戸
投下時、見るからに家族の多い世帯には、一袋多く投下している場合があったが
仮設団地を出ていた世帯分の餅を抜き、相殺


おしまい。
by k_ihatov | 2011-12-25 16:04 | 災害ボランティア
1223 ボランティア3
石巻です。計画通り配達を終え、就寝する所です。寒い寒い!親父の寝袋が効きそうです!明日、東京への新幹線の中で詳細をブログアップします。とりあえずおやすみ〜
by K_IHATOV | 2011-12-23 22:59 | 災害ボランティア
1221 新年辰年お餅大作戦!
d0209273_5193293.jpg
年越しもちプロジェクトが動き出しています!!!2500個の餅を500戸に届けるプロジェクト!絵は賛同者のちゅん作による「その子ども」。可愛いでしょ。

d0209273_5195323.jpg
2枚の画像は封筒の表裏に印字され、現在、現地で餅の梱包作業が続けられています。K.も22日の深夜バスで石巻へ!会社の同僚も賛同してくれ、休みを取って現地へ一歩先に入っています。

浜文子さんの「感謝」という詩から始まったこのプロジェクト。少しでも現地の力になれたら嬉しいです!
by K_IHATOV | 2011-12-21 07:00 | 災害ボランティア
1220 里石猫企画ベータ版オープン
K.です。

里石猫サイトのベータ版がオープンしました。

3匹の福石猫がアップ!

http://fukuishineko.ihatov.in/
まだまだ設定し足りないところがありますが、今後もブラッシュアップしていきます!

里親ご希望の方はサイトからご連絡を!
by K_IHATOV | 2011-12-19 20:27 | 里石猫
1219 さば追悼
d0209273_13111340.jpg
日曜日朝、猫の細道のさばが天に召されました。IHATOVに多く住む猫は飼いネコではなく、自然界に生きる猫。でもIHATOVにとってとても大切なメンバーの一匹でした。

d0209273_13112592.jpg
まださばが飼いネコだった頃の飼い主の家、こげらの家の前で園山先生が見つけられ、温かく、尾道と猫の細道が見える場所で供養されたそうです。確認されている中では2匹(さっくす&くるみ)の母親であったサバ。ひとなつっこい猫柄(×人柄)は確実に今、猫の細道で人気者のくるみに引き継がれました。

d0209273_1311381.jpg
母親猫になりたてのサバ。まだ、猫の細道の階段を上がれないサックスを。。

d0209273_13115552.jpg
押してみるも上がらにゃい!

d0209273_1312829.jpg
最後はくわえて持ち上げる!

d0209273_13122277.jpg
そんな優しい母親猫でした。発見時はくるみが近くで泣いていたそうです。
ご冥福をお祈りします。
また生まれ変わる時はIHATOVに来ますように。。。待ってるよ。
by K_IHATOV | 2011-12-19 13:09 | ねこ
1217 立花テキスタイル研究所
d0209273_1313167.jpg
小梅です。尾道商店街にある「立花テキスタイル研究所 by工房おのみち帆布」さんのお店に遊びに来ました。

d0209273_1321626.jpg
リニューアルしてデザインされた店舗はとってもシンプル。素朴で透明感のある店舗なんです。

d0209273_1323529.jpg
立花テキスタイルさんの主力商品は綿製品。向島の立花という場所に立花テキスタイル研究所があり、そちらで地域産業として制作している綿をつかった自然素材のナチュラルな商品が売りです。

d0209273_1325718.jpg
ほら、こんなに可愛い商品がいっぱーい♪ K.さんは相変わらず黒い手袋で私を運ぶんですよ。小梅は女の子なんだからちょっとは配慮しなよ!って言いたくなるよね。

d0209273_1331652.jpg
糸車に巻かれたままの綿糸。このままでもインテリアとしては素敵ですね!
小梅「これほしい!」
立花テキスタイル研究所さん「いや、これはディスプレイなので売れないんですよ~」

d0209273_133296.jpg
わわわ!これって機織り機ってやつですよね?

d0209273_1334548.jpg
このように一本一本丁寧に織り込んで商品が作られていくんですね。温かみがあるはずです。

d0209273_13448.jpg
店に置いてあったDMがとても素敵なんです!スタッフの人が一つ一つ描いたんですって。立花の方の研究所にも行ってみたくなりました。
立花テキスタイル研究所さん「全国から問い合わせが多くて、見学日を決めさせてもらっているんですよ。HPに乗せていますので、ぜひ来てね♪」
小梅「もちろん♪」

立花テキスタイル研究所by工房おのみち帆布

住所 尾道市土堂2-6-7
TEL (0848)22-5866
営業 10:30〜18:30
休日 木曜日


立花テキスタイル研究所HP
by K_IHATOV | 2011-12-18 08:21 | 尾道オススメ



イーハトーヴ尾道から尾道時間をお伝えします。
by K_IHATOV
This blog is managed by
園山春二 / イーハトーヴ尾道を創ったアーティスト。

K. / アーキテクト

マスター S / 梟の館のマスター

イナッチ/旅するデザイナー

オカちゃん/高知で修行中

YONEDAM/旅するプロデューサー

まっちー/旅する書道家 カレー大好き

※本ブログに掲載されている尾道イーハトーブの写真はスタッフの許可を得て撮影しています。


人気ブログランキングへ
カテゴリ
尾道
梟の館
SAKA Bar
尾道ハーブ園ブーケダルブル
猫の細道/招き猫美術館
尾道アート館
小庵
福石猫
里石猫
こげらの家
ねこ
尾道オススメ
旅猫時間
K Museum
その他
災害ボランティア

以前の記事
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
その他のジャンル
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧